愛と炎の体育教師

愛と炎の体育教師

「自己愛に溢れ、生きる力を育む教育」をモットーに子ども、教育、学校、部活動、心理学に関する情報を発信

短時間で良い指導案(略案)の書き方(体育編)

指導案作成について

「難しい」「面倒くさい」

「もっと質を高めたい」など思っている人も

少なくないと思います。

そんなみなさんの問題を少しでも解決する

役に立てたらと思います。

 

目次は以下の通りです。

略案の全体像を知る

 指導案は地域や学校、人によって細かなところは違ってきますが、

表現は違っていますが、書くことはほとんど下記のとおりです。

 

・日時、場所

・学年・学級(性別・人数)

・単元名

・本時の目標

・本時の展開(学習の流れ)

 

また、本時の展開(学習の流れ)はさらに、

・学習活動

・指導上の留意点、工夫

・評価

に分けられます。

 

 

指導案の書き方の手順

指導案の書いていく手順は下の様にすれば、

短時間で、良い指導案が書くことができます。

①決まっていることを書く

本時の目標

③学習活動【導入・終末(まとめ)】

④学習活動(展開)

⑤指導上の留意点・工夫

⑥評価(観点・方法)

 

 順に説明していきたいと思います。

①決まっていることを書く

・日時、場所

・学年・学級(性別・人数)

・単元名

はすぐ書けることですので、書いていきます。

本時の目標

質を高めたいのであれば、ここが重要です。
良い指導案と悪い指導案を分ける1番の違いは【一貫性】です。
目標の達成に向けた、一貫性した指導計画のある指導案を書くためには、この目標を明確にする必要があります。
 

③学習活動【導入・終末(まとめ)】

次に「学習活動」を書いていきますが、先に書き方について注意点について
話しておかなければいけません。
それは、「学習活動」を書くときの文末についてです。
 
例えば、
「整列させる」「2人組をつくらせる」は間違っています。
「整列する」「2人組をつくる」が正しいです。
違いはわかりますね?
 
「学習活動」とは生徒が学習する活動のことであり
授業者が学習させる活動ではありません。
 
ですので、必ず文末は「~する」など生徒を主語にして書きます。
逆に【指導上の留意点・工夫】は授業者が主語になりますので、
「~させる」などの書き方が正しくなります。
 
 
それでは、学習活動の書き方を説明していきます。
まず学習活動の【導入・終末(まとめ)】を書きます。
 
体育で言えば、
 
導入:準備体操+補強運動、出欠確認、目標の共有
終末:評価、振り返り
 
が基本的な内容かと思います。
 
目標や時数にもよりますが、
【導入】
準備体操+補強運動:4分
出欠確認+目標の共有:1分
 
【終末】
評価:1分
振り返り:4分
 
くらいでいつも組んでいます。
50分授業ではこの10分を抜いた残りの約40分が
学習活動(展開)に使える時間になります。
 

④学習活動(展開)  

学習活動の中でも

メインの活動とサブの活動に分けられます。

 

基本的な授業構成としては、

(前半)サブの活動 ⇒ (後半)メインの活動

の順番です。

 

しかし、考える順番は

①メインの活動

②サブの活動です。

 

【本時の目標】を達成するための、メインの活動を考え、

メインの活動をスムーズに行えるようにするための

サブの活動を考えます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バスケットボールの例:

本時の目標:空間を見つけ、走り込みパスをもらう技能の習得

メインの活動:3対2のハーフコートゲーム(ドリブルなし)

  ・ハーフコート内に攻め3名、守り2名が入る

  ・守りにボールを奪われないように、パスをつないでゴールを目指す。

  ・守りがボールを取るもしくはアウト・オブ・バウンズで攻守交代  

  ・ドリブルは禁止

  ・守り2名のうち、1名は必ずボールを持っている人につく

 

サブの活動:30秒パスゲーム 

  ・ハーフコート内に攻め3名、守り2名が入る

  ・守りにパスカットされないように、ボールをパスする

  ・30秒間でパスをできたかをカウントし、競う

  ・ドリブルは禁止

  ・守り2名のうち、1名は必ずボールを持っている人につく

   (攻めの1名がフリーになる状況をつくりだすために重要)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤指導上の留意点・工夫

改めてになりますが、主語は授業者ですので、

間違っても「座って授業者の話を聞く」など書かないように気を付けましょう。

「座って授業者の話を聞かせる」が正解です。

 

それでは、指導上の留意点・工夫について書いていきましょう。 

 

「学習活動」の中で、

生徒に具体的にどんなことをさせるのか

苦手な生徒に対する支援

などを箇条書きで書きます。

 

 

 

⑥評価(観点・方法)

 

 

まずは、決まっていることから書き始めることです。

 

 

 

 

良い『本時の目標』の書き方

メインの学習活動の書き方

サブの学習活動の書き方

最適な時間配分とは

指導上の留意点・工夫の書き方

評価の書き方

完成後のチェック方法

 ・学習指導要領に則っているか?

そもそも学習指導案はなぜ重要?

学習活動を書くうえで、一番重要なポイントは

目標からの【一貫性】です。

メインの活動とサブの活動が

目標に繋がっていなければ、良い指導案とは言えません。

 

学習指導案のテンプレート

 

 

 

「あなたは自分のことが好きですか?」

「あなたは自分のことが好きですか?」

 

そう聞かれたら、あなたは「はい!」

心から答えられるでしょうか?

 

私には夢があります

それは

 

「あなたは自分のことが好きですか?」

 

と日本全国のどこで質問しても

みんなが笑顔で

 

「はい!」

 

と答えられる未来をつくることです

 

 

そのために、私はこれまで

教員として働いてきましたし

これからも働き続けます

 

教員や指導者、保護者のみなさん自身は

「自分のことが好き!」と胸を張って言えるでしょうか?

またみなさんの教えている生徒たちは

「自分のことが好き!」と答えられるでしょうか?

 

人はだれしも、生まれたときは、自分をなによりも大切にしています

「おぎゃー!」と生まれた瞬間から

「今、泣いたら人に嫌われるかも・・・」とか

「自分は他の赤ちゃんに比べ、かわいくないな・・・・」

とネガティブに考える赤ちゃんをみたことがありますか?

 

しかし、多くの人と関わる中で

「劣等感」「嫉妬」「諦め」などを育み

自分のことが嫌いになっていきます

 

しかも、その多くが

「親」「教師」「指導者」による影響が大きいと言われています

 

 

みなさんは、自分の子供や教え子に

「自分が嫌いな子に育ってほしいですか?」

「自分が大好きな子に育ってほしいですか?」

 

 

このブログでは、子どもが自発的に自己愛を育み

 

「あなたは自分のことが好きですか?」

 

と聞かれたときに

太陽のような明るい笑顔で

 

「はい!」

 

と答えられるようになるための

関わり方、指導の方法等を

情報発信していけたらと思います。

 

みなさんが関わる子供たちが

「〇〇先生に私がしてもらったように、

 人に優しくできる大人になりたい!」

「〇〇先生に出会えてよかった」

「必ず、夢を叶えます!」

とイキイキと育ってくれたらそんな嬉しいことはないと思います

 

一緒に子供たちの成長を通して

未来の素敵な日本を創る仲間が増えることを願って

ブログチャレンジしていきますので

応援、コメントのほどよろしくお願いします

f:id:pukublog:20191207221829p:plain